おおい町暦会館

陰陽宗家土御門おんみょうそうけつちみかど(安倍)家の旧地
若州名田庄なたしょうの暦の資料館

ほーむ

緊急事態宣言対象地域からのお客様へ入館自粛のお願い

 新型コロナウイルスに関する『緊急事態宣言』が「4都府県」に再発令され、感染拡大を防ぐため、5月11日(火)までの間、緊急事態宣言対象地域よりお越しの来館者の方への入館自粛を要請させていただくことになりました。

緊急事態宣言に伴う入館自粛要請対象区域一覧
 東京・大阪・京都・兵庫の各都府県
※但し、おおい町と日常生活圏域の京都府舞鶴市・綾部市・南丹市は自粛要請対象区域から除きます。

 対象地域からご来館いただきましたお客様には、大変申し訳ございませんが、ご協力よろしくお願いいたします。

緊急事態宣言地域対象外の入館について

 入館に際しては、「正しいマスクの着用」「入退館時の手指消毒」「連絡票への記入」「体温測定」「三密の回避」を厳守していただきます。また、三密を回避するため、入場制限をさせていただく場合があります。今後の感染状況等に応じて適宜見直しが行われますが、皆様のご理解とご協力をお願いします。

 

陰陽宗家土御門家と若州名田庄

晴明御霊社八百五十年忌ニ付(嘉永五年/1852年)

晴明達書

宝暦四年(1754年)、土御門(安倍)家と深く関わる地域・地点を御霊社七ヶ所として確定しました。その七ヶ所とは①和州安倍山[奈良県桜井市安倍山(安倍文殊院)]、②泉州信太[大阪府和泉市葛の葉町(信太森葛葉稲荷神社)]、③摂津安倍野[大阪市阿倍野区(安倍王子神社)]、④若州名田庄[おおい町名田庄納田終(旧領地・館跡・土御門家墓所)]、⑤京葭屋町[上京区京葭屋町通今出川下る西側晴明神社前(伝・安倍晴明公居館址)]、⑥嵯峨寿寧院内[右京区嵯峨天龍寺角倉町(安倍晴明墓所)]、⑦伏見街道元遣迎院内[東山区本町(晴明塚址現在地不明)]です。上の文書は、それから約百年後の嘉永五年(1852年)、『晴明八百五十回の神忌が、来年丑年京都土御門邸で三七カ日(21日)間にわたり斎行される。この五十年に一度の祭典に一生涯巡り合うことは得難き幸せで、この機を逃さず参詣するよう』通知した文書です。

ご利用案内

開館時間
午前9時から午後4時30分(入館は午後4時までに)
入館料
高校生以上200円、小中学生100円、障害者手帳をお持ちの方は無料(障害者手帳をご呈示下さい)
団体(15名以上)1割引
休館日
毎週水曜日(水曜日が祝祭日の場合は開館、翌日休館)、年末年始他
住所
〒917-0375 福井県大飯郡おおい町名田庄納田終111-7 TEL/FAX:0770(67)2876周辺地図参考
交通機関
JR小浜線小浜駅下車、小浜駅よりバスで約50分。またはタクシー・レンタカーで約30分周辺地図参考
収蔵資料
土御門家と名田庄に関する資料、中世の天文観測記録、泰山府君に関する資料、古暦や陰陽道に関する資料
常設展
土御門(安倍)家に関する資料。暦に関する資料他展示
企画展
暦、易、天文、歴史に関する資料の展示を臨時開催

団体でのご来館は事前予約をしていただけると有難いです

お知らせ

おおい町暦会館では、SNS(Social Networking Service)で情報発信につとめます。

  • Twitter_Icon
  • f_logo_Icon
  • wordpress

寄贈者・寄贈資料のご紹介

令和2年2年19日付加藤昭二様より大小暦等50点の史料を寄贈していただきました

寄贈品の説明

令和2年3年31日感謝状贈呈式の後
加藤氏から寄贈資料(文政12年の大小暦)の説明を受ける中塚町長